「あてずっぽ殺人事件」の“手持ち”在庫がなくなりました^^

おかげさまで「あてずっぽ殺人事件」の“手持ち”在庫がなくなりました^^

ご購入くださった皆様、お取り扱いいただいている店舗様、ありがとうございます!


「あてずっぽ殺人事件」は2014春のゲームマーケット初出展のときに「オレカジ」や「もぐらの父さん宝を探す。」とともにドキドキしながら持ち込んだゲームです。

初出展で宣伝もどうしたらいいかよくわからないまま当日を迎えたけど「オレカジ」のインパクトのおかげか、午前中はとっても多くの方にお越しいただけたことを覚えています。ほんとにありがたいことです。

しかしその「オレカジ」は初出展・重ゲ・お値段高め4000円の三拍子がそろっていたので、いざブースまで来たけど・・・みたいなことも多々あり^^;(説明も申し訳ない感じでご迷惑おかけしてすみませんでした><) 後々考えるとそれがよかったのでしょうか、その横にちょこんと置いてあった「あてずっぽ殺人事件」をお試しに~と手に取っていただくことが多かったような気がします。

あてずっぽの初版はプラケースに入っていて、お客様に「これ箱ないの!?」 私「そうなんです^^;す、すみませーん!」などのやりとりもしつつ、100個作って68個の結果でした。感動!


初ゲムマが終わった後は、どんな感想でるのか楽しみよりも不安でいっぱいでエゴサーチしまくり。でもそんなにすぐ反応はでません!そりゃ人気サークルさんの新作などから遊ばれるに大方決まってます。例外になるにはそれまた努力や何かが必要ですよね。(一人でできることは限られるので大変…ゲームみたいw)

それでも遊んでいただけるありがたい神様のような方も極わずかですがいらっしゃいますし、あせらずしばらく期間を待つことでちゃんと反応があがってきます。


まずは「もぐらの父さん宝を探す。」。子供向けの簡単ルールのゲームでしたので3作品の中でも反応が早かったです。しかし、子供向けのゲームはゲームマーケットでは多分あまり数はでないらしく(後で知りました)、そんな感じでもぐらも数は出ませんでしたので以降もたまに見かける程度に。でもでも、数こそはそうかもしれませんが、とっても気に入って下さって、イベントに使っていただける方もいらっしゃるので作ってよかったと心から思っています^^


「オレカジ」はというと緊急レベルで対応しないといけない反応がでてきました^^;古文書レベルの解読しにくい説明書・・・ルール書き直しやQ&A設置などあたふたしてましたね。その節は皆さますみませんでしたm(__)m

いろいろとやらかしましたが、今でこそ嬉しい評価をたくさんいただいている「オレカジ」ですけども、三拍子+古文書の影響は強く、ようやく反応がみられるようになったのは2014秋ゲムマの第2版以降です。最初は静かな感じでしたね。


もう反応がなくて不安で不安でたまらない中、「あてずっぽ殺人事件」がある意味ダークホース的に「あまり期待してなかったけど、結構まわる(遊んでる)。」って反応がチラホラでてきたんです!もう大興奮!

店舗様からもお声がかかったのも「あてずっぽ殺人事件」でした。残りの在庫をすべて引き受けてくださって「あ~よかったぁ。なんてありがたいんだ」なんて思ってたら「なくなったから追加で欲しい」と。「!えーっ!?やばいどうしよ再販なんて考えてなかった」てな感じで夫婦会議がはじまりました。家のお金を自作ゲームに投資するかという話ですよ。妙なワクワクと、ほんとに投資なのか!?的な話です^^

真面目に討論もしましたが、占いなども試しました(好きなんですw)。再販するならちゃんとした箱作ろうって第2版のキャラメル箱キャラ別7種類パッケージのアイデアもここで生まれました。実は店舗様からはキャラメル箱は壊れやすいからあまりおすすめしないって忠告されてたんですが、占いなどの結果キャラメル箱を通したんです(いや妻が断然キャラメル箱だ!と譲らなかったんです^^;チャレンジしてよかった!)。 限定版案も同時に思いついて、これはあてずっぽ大会など面白い展開につながっていきましたね。


で、問題の生産数はというと、7種類のキャラで箱作るから、それぞれ100個で700個!冗談でだした数字がこれまた占いとか試しちゃってまんまとそのまま作ることに!強気というか無謀のような気がしますが結果良かったんですよね・・・

そうして2014秋ゲムマに合わせて作ることにしたんですけど、しばらく在庫切れ状態になった訳でその間に忘れられる危険もあったかもですね。でもハーフサイズのちっちゃいキャラメル箱のゲームがその当時ほとんどなかったこともあって その小ささが逆にインパクトとなったようです。

しっか~し!ゲムマでの再販ではそんなに動かないのが現実でした。甘くなかった><37個…(や、やばくない^^;って思わなかったのは不思議!)。じゃあどこで動いたのかといえば、それは店舗様です。販売網と安心感が格段に違いますからね!すごいな~。


出展に至るに自信がもてなくて、どんな方面にも受け入れてもらえるかわからないのでゲームジャンルやターゲット層をばらして3作品つくりましたが、結果的にそれぞれがうまく相乗しあって、少~しは名前を知ってもらえたかなぁと思います。

「オレカジ」だけ、「あてずっぽ殺人事件」だけだったらどうなっていたことやら^^;不安があったから自分なりにも作戦立てて制作に挑めたんだと思います。

そうそう先日の2015秋ゲムマでは初めて試遊卓をとったんですが、私の最近のゲーム作りは国内で競合少なそうな重ゲにニッチを期待して(重ゲでも付け足し方式で作る人あまりいなそうだし←良いか悪いかはこの際無視して!)「やさしい魔物と酒場の英雄」という重量級ワーカープレイスメント第2弾作ったけどなかなか試遊するにも大変で、周りのサークルさんたちが試遊を楽しそうに回してる感じはとーっても羨ましかった。で、やっぱりそれ見ちゃうと「あてずっぽサイズなゲームをまた作れたらなぁ~」と思うわけです。なので、また良さ気なアイデア閃くように妖精さんに頼んでるところです^^


それはそうと「あてずっぽ殺人事件」の再生産どうしようかなぁ。悩む。・・・占うかw



スポンサーサイト

  1. 2015/12/08(火) 11:12:16|
  2. あてずっぽ殺人事件|

原始人の晩餐のお値段見直し!

原始人の晩餐 の店頭価格を見直しました。(税込みで旧3,240円 → 新2,700円)

この機会にお手に取っていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。




  1. 2015/12/02(水) 22:33:20|
  2. 原始人の晩餐|

■公式サイトオープンしました。

tagamigames

(ツイッターはこちら)

■メニュー

お問い合わせ用のメールフォームです。 ゲームのご感想お待ちしております。

もくじ

全ての記事を一覧で見れます。

カテゴリ

TAGAMIGAMES (53)
マルチの頂点 (1)
ワラドの冒険 (6)
魔物と英雄 (5)
原始人の晩餐 (8)
オレカジ (12)
あてずっぽ殺人事件 (7)
もぐらの父さん宝を探す。 (6)
金沢ごいた (1)
ゲームマーケット (14)
未分類 (18)

最新記事

プロフィール

TAGAMIGAMES

Author:TAGAMIGAMES
石川県出身。現在は千葉県君津市で活動している、田上です。
長いことイラストレーターを志してきましたが、
絵は自分なりに上達するも、日の目を見ることはありませんでした。
イラストへの想いはそのままに、
ゲームデザインという新しい目標と出会い
やる気スイッチがONになりました。

今はまだ、まったく無名の、実績も何もない
タガミゲームズですが、
いつか、何十年先でもいいから、
世界中の人に愛される面白いゲームを作りたいです。

ワラドの冒険

冒険すごろくカードゲーム

魔物と英雄

戦略ワーカープレイスメント

原始人の晩餐

原始人生活のススメ

オレカジ

本格、戦略、ボードゲーム

あてずっぽ殺人事件

推理ゲーム

もぐらの父さん宝を探す

子供と遊ぶ!

月別アーカイブ